テリアが吠える!

最終更新: 2月15日

みんなのおかげで居場所が出来た!

少し落ち着いた?

音楽工房テリアバークスのホームページを強化せよと親方から言われたのはいいが、ダウンロードのシステムなどなかなか大変な事ばかり。


そしてなんとか形がついたと思ったら、テリアバークスは音楽は聴くものということを最も大切にしていることをもっと表に出そうと!


そしてテリアバークスには音楽をよく聴いている人達がいる事を知って貰う為にまた新しいページを作って専用のTwitterも新しく作って発信せよと親方が!


Twitterアカウント @TerrierBarksBGM まあ次から次へと言ってくれる。


しかし的を得ていることなので喜んで従ってしまう。


実は昨年から使っているボカロもそうだ。


新しいものをもっと受け入れようと親方から!


お前ならボカロも使いこなせると調子にのせられた。


そして初音ミクに手を出した‪w


するとまんまとハマって調子にのせられてしまった。


ボカロには抵抗があったが、使ってみると想像を超えるものがあった。


これは使える! と思って自分なりに〝出たら芽〟というプロジェクトで曲を歌わせてみた!

すると一気に視野が広がった。


そしてこれはサウンドトレジャー2015の宣伝に使おうと思った。


実はサウンドトレジャー2015のこれまでに残して来てきた物が消えかかっている。


歌手達もこれと言った活動もほとんどしていない?


まあ、ラジオをやっている歌手もいるがそれが活動に繋がっているかと言えば疑問だ。


曲も他のシンガーなどにどんどん取られている。


これは俺にとっては有難いことだが、やはり原曲の歌手を思った時、さみしくなる。


そんな中、初音ミクとサウンドトレジャー2015の歌手達をボカロとコラボさせようと親方と決めて実行したのだがこれにも結果は期待してはいない。


一時期、ちょっと盛り上がるが、逆に歌手達の首を絞める結果になることも覚悟している。

検索されて歌手達の情報を見てどう思われるかだ。


しかしそんなことは言ってられない。


何もしないよりした方がいい。


元に戻るが、このテリアバークスは、その〝何もしないよりした方がいい〟をテーマにバースブルースの親方、友人音楽識者、そしてミュージシャンの仲間たちと考えて作った音楽工房だ。


これから無料配信もどんどんやる。


これは親方の考えで、今の時代ストリーミングで音楽を楽しむ時代だが、そのストリーミングを契約している人も年代層によってはまだまだ行き届いていない。


増してや毎月980円払って音楽を聴ける環境に抵抗を抱いている人も多いのではないか?


テリアバークスは無料配信してまず聴いて貰う。


そして曲がたまってCD、配信リリースが決定したらその無料配信している曲を改めてリメイクして作品化して無料配信はやてもいいし続けていてもいい。


違うテイクがあっても面白い。


これがテリアバークスの音楽の届け方。


曲もこれによって育つ。


曲は半年、一年と時間が経つに連れて見えてくるものもある。


その見えてくる曲の変化?


成長を無料配信して多くの人達にも見て貰っていいのではないか?


このやり方によって作品化した時、曲のクオリティも上がるのではないだろうか。


今の時代、何もやらなかったら誰も見向きもしてくれない。


そんな中に生まれたテリアバークスがしっかり居場所を作ってくれたように思う。


テリアという犬種は誰にでもなつかない。


我が家もエアデールテリアとレイクランドテリアが居たが、見ている人は一人!


家内しか見ていない犬だった。


今の時代、音楽という孤独な世界で生きて行くには、こういうテリアのような生き方が大切なのではないだろうか?


今、我が家にはトイプードルがいる。

愛玩犬。


たしかに可愛がられる性格でみんなから愛されるだろう。

しかし見ていて可哀想になる。


人に可愛がられなかったら居場所を失って淋しく過ごしているように見える時もある。


それに比べてテリアと言う犬種は我関せず!


我が道を歩く。


音楽という世界は孤独な世界。


その孤独な世界から生まれるのが音楽。


還暦を過ぎて歳を重ねれば重ねる程に孤独になる音楽の世界。


何故? 歳を重ねれば自分がよく見えるようになる。


自分がよく見えれば不安も増える。


これでいいのだろうか?


いや、これでは?


もう無理なんだろうか?


俺にはやはり才能が無いんだ!


と沢山あれこれ・・・ だから吠えるしかないんだよな!


テリアバークス! 菜象(木村菜緒)

0回の閲覧